FC2ブログ

三重県鈴鹿のロミロミサロン「マナハウス」です

大自然のパワーと一体になって アロハスピリットに導かれ、本当のあなたに出逢うお手伝いをします。 多忙な現代人の心と身体を癒すことのできる、夢のような楽園を願って・・・。

Entries

“世界遺産マチュピチュ発見100周年記念”


行ってきましたあ~
ぜひこの機会におすすめ致します~。



“世界遺産マチュピチュ発見100周年記念”
謎のアンデス文明5000年展 ~時空を超えたモノ語り~

P1000803_convert_20111025112554.jpg


期間:2011.9/17~11/27(日)
場所:野外民族博物館リトルワールド
〒484-0005 愛知県犬山市今井成沢90-48



*****************************

●記念講演 (2011.10/23日)

“マチュピチュの風を感じて”
講師:野内シーザー良郎氏(マチュピチュ村初代村長の孫)

祖父:福島県出身日本人
祖母&母:ネイティブケチュア族

クスコ生まれ。16歳で来日。
名古屋大学大学院生として研究にたずさわる傍ら、
現在名古屋国際センターの地球市民教室講師として、
ペルーの文化や事情を紹介

祖父、与吉さんの遺志を受け継ぎ
日本とぺルーの発展のための力になることが夢

**************************

~ 野内さんのお話しより ~

【マチュピチュ村初代村長「野内与吉さん」物語(1896~1969)】

大正6年に契約移民として日本を離れアメリカへ渡り、
その後ブラジルへ下りボリビアからペルーのクスコヘ入り
生涯を終えられた野内与吉さん

遠く離れたペルーで、鉄道の仕事にご尽力完成へと導かれ、
その後、マチュピチュ村の定住者第一号となられました。
与吉さんを中心として、ふもとの開拓、水を引き、畑を作り、村人も増えていきました。

1935年には、マチュピチュ村初の本格日本式木造建築「ホテル・ノウチ」OPEN。
このホテルを中心に、観光客も増えマチュピチュ村は発展していきました。

村人から信頼され愛されていた日本人「野内与吉さん」
今から90年前、初代村長に任命され、村のために生涯を捧げられました。

その後は、1981年に長男「ホセ・ノウチ」さんが
村長に任命され、村には電気・電話が通り
マチュピチュ村は、さらに観光地として発展を続けています。



【マチュピチュ遺跡について】
マチュピチュとはインカの言葉(ケチュア語)で
マチュ(古い)ピチュ(峰)という意味です。

「空中都市」「インカの失われた都市」等とも呼ばれるこの遺跡は、
1911年に発見された時には、山裾からはその存在を確認できないほどの
草に覆われた廃墟となっていたそうです。

“高度な文明が栄えたマチュピチュ”
16世紀半ば、スペイン人から逃れるために
インカの人々が造った秘密都市だったとも言われています。
約400年以上にわたって人の目に触れることなく存在した
文明の謎が残る遺跡です。



【インカの歴史】
インカ帝国は、アンデス文明の系統における最後の先住民国家であり、
南アメリカのペルー、ボリビア、エクアドルを中心にケチュア族が造った国です。

13世紀に前身となるクスコ王国が成立し、
1533年にスペイン人に滅ぼされるまで続きました。

最盛期には、80の民族と1600万人の人口を抱え、
現在のチリ北中部、アルゼンチン北西部、コロンビア南部にまで
広がっていました。首都はクスコです。


インカ帝国には、現代社会で失われかけている
人間同士の強い繋がりがあり、
助け合いの精神を基盤に発展・拡大しました。

国の標語「Ama llulla.Ama suwa.Ama qell la.」
(ケチュア語:嘘をつくな。盗むな。怠けるな。)


************************

*皇帝が処刑される前
 国民に残した最後の言葉・・


「私の姿はなくなっても、
  私の魂は“コンドル”となって
    空の上からずっと皆を見守っています」


名曲「コンドルは飛んでゆく」は
そんな思いが込められているようです。。
。。。


野内さん
アンデスの民族楽器を使って
私達に思いを伝えてくださいました。

465_convert_20111025113655.jpg


そして最後に

私の夢は、
「今では、古くなり取り壊された“ノウチ・ホテル”を
 マチュピチュに再建することです。」

と、力強くお話しされて講演会を終了されました。


**************************


日本と反対側の国で
こんな素晴らしい活躍をされた日本人の方がいたという事実

そして、
太陽神を崇め、物々交換が行われる平和な時代が続いた
インカのルーツに少し触れ(一時生贄儀式もあったようですが)

なぜか不思議な懐かしさを感じました。


「とても素晴らしい日本人のみなさん誇りを持って下さい」
という野内さんの言葉が深く心に響きました。


素敵な出逢いをありがとうございました<(_ _)>。


“Mahalo Nui Loa”


*詳しくはマナハウスまでお問い合わせください。

左サイドMenu

プロフィール

マナハウス

Author:マナハウス
"マナハウス"代表 山口真紀子

1963年3月7日生まれ。

2002年頃より自分の人生に深く興味を持ち、様々なヒーリング・エネルギーワークを体験する中テンプル式ロミロミと出逢い、
ハワイにて"大自然の癒し"を学ぶ。

'05 '06年と「Body&Mind&SpiritEXPOinホノルル」に参加。
現地ハワイや色々な国の方にロミロミを施術し、「癒しは世界共通、心を込めれば必ず思いは届く」事を確信する。

2007年7月、永年思い描いていた、生まれ育った伊勢の海沿いに、"マナハウス"をオープン。



** Message **
"貴方本来の光で輝くために"
をテーマに、貴方の無限の
可能性に出逢う場を提供しています。
今世、この日本を学びの場として選んできた私達には、
一人ひとり必ず強い思いがあるはずです。
大自然の癒しは、きっと貴方の心に気づきを与えてくれることでしょう。
一度しかない自分の人生、より豊かに楽しく、自分らしくシンプルに生きるヒントを見つけていただけたら幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード